2008年07月31日

■JACK & JACK “AULD DISTILLERS COLLECTION” GLEN GRANT 1969 39y 48.4% [Scotch Single Malt]

J&J GRANT69
ドイツの大御所ジャック・ウィーバーズ氏プロデュースのシリーズ、
ジャックアンドジャック社
「オールドディスティラーズコレクション」。

モルト愛好家の皆様はすでにご存知かとは思いますが、
同氏は現地ドイツではさまざまなシリーズを発売しています。

ドイツのインディペンデントボトラー界において、
すでに確固たる地位を築き上げており、
もはやドイツの大御所ボトラーといっても過言ではありません。

今回、その彼がまたまた新しいボトリングをリリースしました。
現地では発売されるたびに即日完売となるボトリングが
ほとんどで、毎回割り当て制のため、輸入できる本数が
ごく少量になってしまいます。

今回はアイレイの人気蒸留所ラフロイグとカリラを
はじめとして、グレングラントの39年熟成など、
面白いラインナップが揃いました。

味にはこだわりを持っているジャック・ウィーバーズ氏ですので、
期待が持てますよね。

posted by ちゅん at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ウィスキー

2008年07月30日

■ 黄金パイン

先日の石垣の農家で注文した。
「黄金パイン」
P1040292.JPG

到着&追熟 完成いたしました。

も〜甘いのなんのって
ジューシーな味わいは秀逸です。

蜜も降りまくりでたまりませんよ。

カクテルにしてもよし、そのまま食ってもよし!
posted by ちゅん at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ■カクテル

2008年07月25日

■ 銀座ODIN 7周年

ODIN

本日は私の知人でもあり、業界の先輩でもある、
「Bartender業界の怪人 ODIN菊地氏」の銀座店
7周年の日と言うこともあり、お店に顔を出す。
ODIN店内2

毎年、手の込んだ料理をつくり、いったいどうしたいのか
若干分かりずらいが、菊池氏的に、来ていただいた方に
満足していただこうと考えているのだろう。

今日は、ちらし寿司に、トリッパ、エスカベッシュに
らふて〜。そしてラタトゥイユなどなど。

多国籍なお料理では有るが、一生懸命気持ちをこもった料理を
振舞ってくれた。

個性的な菊池氏は、メインホストであるにもかかわらず
一心不乱にちらし寿司や、その他の料理を作っている。

他のスタッフがゲストに挨拶をし、菊池氏は料理を作るw
菊地

来てくれたGESTとの会話時間と、料理の作業時間との割合は
1:9といったところ。

なんでやねん!

っと突っ込みを入れたくなるが、それが許されるのは
菊池氏ならではであろう。

でもなんか愛されるキャラの菊地氏。

皆様も銀座に寄られた際には是非行ってみてください。
posted by ちゅん at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ■Bar

2008年07月23日

■ 石垣島フルーツめぐり

a href="http://panacee.sakura.ne.jp/sblo_files/lapanacee/image/P1010085.JPG" target="_blank">ナポレオンマンタ連休を使って、ダイビング!? 

いやいや、皆様に美味しいフルーツをお出しできるよう、
フルーツの宝庫石垣島に、農家めぐりに行ってきますた〜。
石垣


パッションフルーツの「川平ファーム」
川平ファーム

島本さん家のアップルマンゴー
マンゴー農園<

そして
名蔵にあるパイン農園&おばぁおばぁP1040184.JPG

パインパイン畑

他にも、島バナナやシークワサーも届きますのでしばしお待ちを!

※こっちをみている石垣牛
石垣牛
posted by ちゅん at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ etc

2008年07月17日

■黄金桃

今日は天気が良かったので、ルンルン築地。

収穫???? 無しでした。
いまいちでした。

ところが、店に着くと山梨の農家から送られている
「桃」が到着していた。

普段どおりダンボールをあさっていると、

「おやっ?」

黄金桃

なんと、黄金桃が混じっておりました〜。

もうそんな時期ですね。

まだ硬いので追熟させて、明日明後日には
美味しくなるかな〜。

そしてそして、マンゴーも現在の在庫を持ちまして、
宮崎から、沖縄の物へ変わってまいります。

私は宮崎派なのですが・・・・。
posted by ちゅん at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ■カクテル

2008年07月14日

■玉木 (広尾)

渋谷橋、駒沢通りから広尾中学へ向かうことしばし。

P001086145_118.jpg
ひっそりと佇む、フレンチ「玉木」

夜は安心して食べられる、身体に優しい美味しいフレンチを
提供しているお店。

シックで高級感溢れる店内。
調度品や使われている備品も素晴らしい高級店。

たまに当店にも飲みに来ていただける柔和なご主人、
玉木さんは人柄も素晴らしく作り出す料理も繊細で優しいのだ。

そんな玉木が実はひっそりランチをやっている。

あまり知られていないのでのんびりランチに最適。
あの広々高級感溢れる店内で、ゆったりくつろぎのひと時が
堪能できてします。

昼はサンドイッチや私の知人でもある某文化人の方と
一緒に試行錯誤で作ったハヤシライス。
スパゲティーなどが用意される。
P1040028.JPGP1040030.JPGP1040032.JPG

とにかく優しい料理のため、染み渡る味わい。
サンドイッチには酒のハラスを燻製→炙りや
高級和牛を使った牛炙りサンド。
ハヤシライスはチープなデミグラスではなく
丁寧に作られたフォンの味わいが素晴らしい。

皆様も是非こっそりお忍びランチにお使いください。

P1040033.JPG

もちろん夜には身体に優しい本格フレンチが堪能できます。
カウンターや個室もあるので様々なシーンに対応できますよ。

東京都渋谷区広尾3-12-40 広尾ビル 1F
TEL:03-6419-8515
月曜定休

http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000694352.html
posted by ちゅん at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■レストラン・Bar

2008年07月12日

■ 幻の1800年代モルト LIVET1892年

1892 LIVET
5周年を機に、日ごろの感謝と酒が入って調子に乗ってしまった
結果、開けることにした今や幻の1800年代モルト。exclamation×2

ブランデーはまだまだ1800年代も手に届きますが、
モルトはzzzz

高すぎます。

知人の協力もあり、昔のストック値段で提供することが
出来ました。

近年のブラックボウモア飲むよりは100万倍価値がありますな。

まだまだ力が残っている1800年代のモルトは素晴らしいの一言。

「モルトを飲むのではない、歴史を飲め!」
posted by ちゅん at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ウィスキー

2008年07月11日

■ 5周年!

no-title

2003年 7月11日 新宿より恵比寿にてお店を移転し
開店したのが本日。

本日で5周年となりました。

今まで可愛がっていただいた皆様
本当にありがとうございます。

5年間の間に、色々な出会いと別れがありました。

そして楽しいこともつらいこともたくさんありました。
3日間お客様がほとんどいらっしゃらなかった時など
(今でもたまにありますが・・・・・)
小心者で神経の細い私は「もう 辞めて〜な〜w」とか思ったものです。

そんな事がありつつも、皆様にいただける

「また来るね!」とか
「楽しかったよ!」
「美味い!」

などのお言葉に励まされ、石の上にも三年、いや五年経ち
お店を続けてくることが出来ました。

そして器用貧乏の私にも少しづつ見えてきたものがあります。
一つのことを続ける価値。そしてお店に対する気持ち。

なんか大人になってきましたよ。

22歳で独立当時のとんがり自信家若造が
ずいぶん考え方が変わったものです。

「共に年をとって行きたい」そう思う今日この頃です。

皆様今後ともよろしくお願いいたします。

posted by ちゅん at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ etc

2008年07月05日

■ でんすけ西瓜 登場

先日で収穫時期の短い、佐藤錦もなくなりまた来年までお預け。
本当に美味かったです〜。手(チョキ)

なにか変わりになる美味いフルーツはないかと
朝から築地市場へ。

天気も良く晴れ、バイクも爽快。ダッシュ(走り出すさま)
P1030870.JPG

そこで行きつけの果物屋に行くと、頼んでいた
「でんすけ」が入荷していた。

P1030870.JPGP1030874.JPG


今年の初値で一個「600000円」が付いた代物。exclamation×2

もちろんそんな値段で買うわけも無いが(買えないもうやだ〜(悲しい顔)
とにかく楽しみにしていたスイカの登場。

毎回大きなでんすけの半分をシャーペットに。
もう半分を搾ってそれをブレンドしてカクテルにしているのだが、
大きいだけに、種を除くのが大変exclamation×2
週末スタッフ井本ちゃんにお願いしてほじくってもらいました。
P1030875.JPG

お疲れ様です。

西瓜シャンパーニュや、西瓜ソルティードックなど、
これからの時期にさっぱりと美味しいです。

お楽しみに。
posted by ちゅん at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ■カクテル

2008年07月02日

■Laphroaig Unblended [Scotch Single Islay Malt]

Laphloaig unblended
アイラ島の南、大西洋の荒波が打ち寄せる広い湾の浜辺に
白い建物が立っています。それが ラフロイグ蒸溜所。
「ラフロイグ」は広い湾の美しい窪地といった意味になります。

Laphroaig――名前は難しくても、香りは一度で覚えてしまいます。
専門家はヨードやクレオソートに似た香りといい、
また、オイリーであると指摘します。

この深く独特な香りできわだつラフロイグは、
まさにアイラ・モルトの王者。熱烈なファンが多く、
チャールズ皇太子もそのひとりです。

ラフロイグは伝統的なフロアモルティングを守る数少ない蒸溜所のひとつ。
キルンからは、いつも煙があがり強い海風に渦巻いています。

乾燥に使用するピートもラフロイグでは自前。
専用のピート採掘場をもち、良質のピートを切り出して使っているのです。

濃密な煙から生まれ、樽詰めされたラフロイグは
波しぶきを浴びる浜辺の貯蔵庫で眠り、
磯の香りを呼吸しながら長い長い熟成の旅を続けていくのです。

70年代にボトリングされた[Unblended]
柔らかい口当たりからは想像しがたいほど、豊かな味わい。

これだからオールドボトルは辞められません。
posted by ちゅん at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ウィスキー

2008年07月01日

■ウマラム3本

マルティニク島から美味いラムの到着です。

ラムの最高峰と言えばやはり「マルティニク」

上品で素晴らしい味わいのラムを生産する場所として有名です。

近年は古酒の価格も異常なまでに高騰しているので
こういった新しいボトリングの高品質品に期待が高まります。
お楽しみに。

DepazこっちSt.JamesBally Rhum

posted by ちゅん at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ラム酒