2008年09月23日

■Pierre Chabaneau 1920年代流通 [Cognac]

最近はブランデー続きで失礼いたします。
PierreChabaneau
1920年代に流通していたとされる(・・・表示はありません。・・・)
「ピエール・シャバノー」という生産者のコニャックです。
このコニャックを所有していたのはヨーロッパに住む
ドリス公爵という人物で、このドリス家は、
タバコのラッキーストライクを生産する会社を以前所有していたとの事です。

大富豪の贅沢な趣味としてこういったコニャックを収集、
保管していたというところでしょうか?

しかもその当時から同家のワインセラーで
今まで寝かされていたという秘蔵のコニャックです。
生産者のシャバノーに関しては、これといった確かな情報はないのですが、
驚くことには名門カミュー家が所有しているブランドの1つだったそうです。

カミュー家が所有していた1920年代のコニャックを、80年後の今味わう・・・・・・

なんとも贅沢な時間の過ごし方ではないでしょうか?
posted by ちゅん at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ブランデー

2008年09月16日

■Janneau 1935[Armagnac]

JANNEAU
ジャノー社は、1851年、テナレーズ地区コンドン町で創立しました。
70年代に、コニャックのマーテルの子会社となり、
現在はシーグラム・グループの一員。
バ・アルマニャック地区に75ヘクタールの畑を所有し、
自家畑産のブドウで作る原酒をブレンドの核にしております。

また、1970年にアルマニャック式半連続蒸留器を備えた工場を新設し現在も数々のブランデーを生産しております。

この30年代の古酒は骨太でがっしり、それでいて心地よい
柔らかさが口いっぱいに広がります。
やはり、アルマニャックはいいですね〜
posted by ちゅん at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ブランデー

2008年09月09日

■ SEMPE 1900 1980年代 Bottling [Armagnac] 

SEMPE1900
このアルマニャックを作るサンペ社は、
協同組合出荷が多いアルマニャックの中では珍しい
独立系の蒸留所です。

その起源となるサンペ家は、14世紀から続く名家で、
聖ペテロ(サン・ピエール)の名からその名を取っています。
アルマニャックの製造は意外に新しく、1937年からのスタート。
ですからこの1900年にはアルマニャックは
製造していなかったことになります。

単純に言えば、SEMPEがネゴシアンとして、
購入した1900年の原酒をボトリングした物。

古くからある単式連続式蒸留器の味わいがここにあります。

posted by ちゅん at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ブランデー

2008年09月03日

■宮古島産 キーツマンゴー etc

今日も朝から築地へGO!
宮古島からの美味しいキーツマンゴーが到着いたしました。

キーツBefor
最初は真緑のキーツマンゴーまだ美味しくありません。

追熟させると↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
キーツAfter

美味しく変身するのでした。
マンゴーの季節ももうちょっとで終わりです。

是非今のうちに。

※また、美味しい黄金桃+白鳳が到着しております。
こちらも是非どうぞ。
桃ちゃん
posted by ちゅん at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ■カクテル

2008年09月01日

■PETRUS

ペトリュス
昨日は久々に美味いワインを堪能いたしました。

ボルドーポムロールの最高のワインの一つ。

「Chateau Petrus 1976」

ワインは勉強中だけど、やっぱ美味いですな〜
posted by ちゅん at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ワイン