2008年12月30日

■ 年末のご挨拶

皆様

本年2008年も残すところ、あとわずかとなってまいりました。

会社のお仕事も一段落し、おくつろぎでしょうか?

当店「Panacee」もお蔭様で、何とか、この不況の中
年を越すことが出来そうです。

皆様のご愛顧に心より御礼申し上げます。

2008年は、色々なことがありました。

相次ぐ猟奇的な事件に、世界的金融ショック。

心の痛む事件が多い中、

オリンピックやノーベル賞などの、嬉しいニュースもありました。

2009年は「もっと厳しいのでは?」との声も耳にいたしますが、

皆で頑張って2009年を、良い年にしてまいりましょう!!

※P.S
っとは言っても、当店Panaceeは2008年の最期の一秒まで営業しており、2009年最初の一秒も営業しております。

31日は無礼講営業。ぐたぐたになっておりますzzz

元旦はお休みいただいておりますが、
2日から新年の営業を開始いたします。

皆様、おせち料理に初詣。
一息ついたら是非、「Panacee」に遊びにいらしてください。

それでは皆様


良いお年を!

店主 羽崎修平
posted by ちゅん at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ etc

2008年12月20日

■Longmorn 1966 GM [Scotch Single Malt]

GM66 LONGMORN
1895年創業以来、スコッチモルトウイスキーのリーディングカンパニーであり続ける
老舗のゴードン&マクファイル(以下GM)社。

同社が誇る蒸留所のおよそ30年〜50年もの長期熟成された樽出しサンプル50種類以上から、
選別を重ねられた素晴らしいモルトがまた到着しました。              

今年は、東京に加えて仙台、大阪、福岡と全国4ヶ所にて、
モルトの有識者およそ120名を集めてテイスティングを行い、

多くのお客様のご意見を頂戴し、厳選された逸品です。             

先日の第1弾で「SPIRIT of SCOTLAND」、
第2弾で「蒸留所別オリジナルラベル」、
第3弾には「マッカランシェリーカスク」

その熱冷めやまぬまま、2008年ボトリング GMシングルカスク・オールドビンテージ、
最後を飾りますのは「ロングモーン 1966」、単品での入荷となりました。                       

なんと!かつてグレンリベットやモートラックの50年熟成デキャンタ等、

GM社最高峰モルトだけに許された「ケルティック ラベル」が
貼られているではありませんか。              

近年のリリースにはなかったこの「最高峰のケルティック ラベル」、
GM社のさらなる特別な物として認識があってこそだと思います。                 

その存在感にも圧倒されますが、樽出しサンプル50種類以上の中で
1番とも言える、一際光る素晴らしいモルト原酒でした。                
濃厚なダークシェリーと南国系完熟フルーツの最強マリアージュ、

これぞ最高峰のロングモーンです。              

人類の遺産と言っても過言ではない、最高の味わいを存分にお楽しみ頂けるよう、

もちろん 「カスクストレングス」でボトリングされています。
posted by ちゅん at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ウィスキー

2008年12月18日

■ 第一回 Panacee杯 開催

今月14日(日)

ゴルフを始めて間もない私を含む、3組12人で
「株式会社バスターズカンパニー協賛 
        第一回 Panaceeカップ」を開催いたしました。
トロフィー1

店主の私が大の雨男であるのを後押しするかのように
当日はスタートから雨。

そして強風&寒波と最悪なコンディションの中開催されました。

ルールは始めての人同士だった為、
「ダブルペリア方式」を採用。

途中、悪天候に霙(みぞれ)が追加され、
13ホール目で、途中ホールアウトとなってしまいました。

集合写真

私的にはなかなかのスコアでありましたが、
栄えある優勝者は
「長尾 福治郎」様
同時にベストグロスも獲得されております。

そして準優勝には
「長尾 説子」様
とご夫婦でワンツーを飾られました。

今回初ラウンドという、兵も大健闘。

途中で終了したとは言え、メンツにも恵まれ、
大変楽しいプレートなりました。

大会商品協賛として、
あの高級グラスメーカー「バカラ ジャパン」の小川様より
グラスをご協賛いただいております。

第二回は春に予定。

もう少し暖かくなったら開催したいと思っております。

一人でも多く、楽しいプレーが出来るよう
皆様のご参加をお待ちしております。

※当日はあまりにもの寒さにより、ほとんどプレー写真が
取れなかったのが残念です。
posted by ちゅん at 20:28| Comment(0) | TrackBack(1) | ■GOLF

2008年12月12日

■ BANFF 1975-33y REFILL HOGSHEAD 49.2% [Scotch Single Malt]

BANFF
すっかり日本市場でもお馴染みとなりました、
スコットランドのボトラー「エクスクルーシヴ・モルツ」のニューボトリングです。

その徹底したテイスティングが生み出すクオリティの高さ、
そしてお手頃な価格がまさにベストマッチして、大変な反響を頂いております。
品質にこだわり、良質の樽を見つけた時にしかボトリングしない、という
代表のデイヴィッド・スターク氏の姿勢が日本市場でも受け入れられています。
生産元の「クリエイティヴ・ウイスキー社」は、同氏が代表を務める新しい会社で、
彼は「モルトウイスキーガイド」などの著書もあり、
また「ウイスキーマガジン」誌のテイスティング部門のパネラーとして、
数々のウイスキーのテイスティング及び評価をしてきました。
それと同時に、大手瓶詰め業者のブランドアンバサダー(大使)として、
テイスティングや樽選びにその手腕を発揮していました。

そんな彼が立ち上げたこのシリーズが「エクスクルーシヴ・モルツ」。
どのウイスキーの品質も大変高く、彼のバックグラウンド、
そして味に対するこだわりを見事に裏付けています。
今回のニューボトリングは5種類と少ないのですが、
実際にテイスティングしてその品質の高さに驚きました。
特にバンフは、典型的な長期熟成の高品質バンフです。
posted by ちゅん at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ウィスキー

2008年12月10日

■CAOL ILA for the Friends of the Classic Malts Limited Edition [Scotch Single Malt]

FOC CAOLILA

この限定品は、ディアジオ社の看板シリーズ、「クラシックモルツ」の会員向けに発売しているもので、今までに何度かリリースされています。

のカリラは、ヴィンテージや熟成年数表記の無い限定品で、リフィルシェリー樽とリフィルバーボン樽を特別に選び、ブレンドして瓶詰めしたものです。

ラベルには2007年瓶詰め、の記載があり、今年2008年前半にリリースされた限定品です。

裏ラベルにはディアジオ・スイスの記載があり、ラガヴーリンと同様、ヨーロッパの一部の国のみで限定発売されたものではないでしょうか。

総生産本数等の情報は無いのですが、当社で確保できる在庫のボトル番号が3000番台であり、

かつラガヴーリンよりも確保できる本数が大幅に少ないので、それほど多くない生産本数であると思われます。

売れ筋蒸留所カリラのオフィシャル限定品ですので、ラガヴーリン同様かなりの人気になるはずです。

posted by ちゅん at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ウィスキー

2008年12月09日

■ Longmorn 1966 GM [Scotch Single Malt]

GM66 LONGMORN

1895年創業以来、スコッチモルトウイスキーのリーディングカンパニーであり続ける老舗のゴードン&マクファイル(以下GM)社。

同社が誇る蒸留所のおよそ30年〜50年もの長期熟成された樽出しサンプル50種類以上から、選別を重ねられた素晴らしいモルトがまた到着しました。              

今年は、東京に加えて仙台、大阪、福岡と全国4ヶ所にて、モルトの有識者およそ120名を集めてテイスティングを行い、

多くのお客様のご意見を頂戴し、厳選された逸品です。             

先日の第1弾で「SPIRIT of SCOTLAND」、第2弾で「蒸留所別オリジナルラベル」、第3弾には「マッカランシェリーカスク」と、

おかげさまで非常に多くの方から絶賛のお声を頂いております。               

その熱冷めやまぬまま、2008年ボトリング GMシングルカスク・オールドビンテージ、最後を飾りますのは「ロングモーン 1966」、単品での入荷となりました。                       

なんと!かつてグレンリベットやモートラックの50年熟成デキャンタ等、

GM社最高峰モルトだけに許された「ケルティック ラベル」が貼られているではありませんか。              

近年のリリースにはなかったこの「最高峰のケルティック ラベル」、

GM社のさらなる特別な物として認識があってこそだと思います。                 

その存在感にも圧倒されますが、樽出しサンプル50種類以上の中で1番とも言える、

一際光る素晴らしいモルト原酒でした。                

濃厚なダークシェリーと南国系完熟フルーツの最強マリアージュ、

これぞ最高峰のロングモーンです。              

人類の遺産と言っても過言ではない、最高の味わいを存分にお楽しみ頂けるよう、

もちろん 「カスクストレングス」でボトリングされています。

posted by ちゅん at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め

2008年12月06日

■青森産 サンフジ

サンフジ
林檎も美味しい時期になりましたね〜。

毎年恒例ですが、カルバドスやシャンパーニュと合わせて。

また、蜂蜜やシナモンの相性は想像できますよね。

そうそう、苦労して仕込んだ丹波の「栗」もまたまた復活です。
栗
飲むモンブランをお楽しみに〜

※今月は14日のみ定休日となります。
 他の日曜日は営業しておりますので是非遊びにいらしてください
 ね。
posted by ちゅん at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ■カクテル

2008年12月05日

■Macallan1970 GM  [Scotch Single Malt]

GM70 Macallan
1895年創業以来、スコッチモルトウイスキーのリーディングカンパニーであり続ける
老舗のゴードン&マクファイル(以下GM)社。

同社が誇る蒸留所のおよそ30年〜50年もの長期熟成された樽出しサンプル50種類以上から、
選別を重ねられた素晴らしいモルトがまた到着しました。 

その第3弾の、人気No.1シングルモルトとして不動の位置を保つ王道「マッカラン」です!!                 

GM社は、マッカラン蒸留所とかなり古くから関係があり、
シングルモルトが売れなかった時代、

ブレンデッド全盛中、 マッカランの樽を購入し販売してきました。                   

「今のマッカランがあるのは俺達(GM社)のおかげだ」と自負しているほどです。
(昔のマッカランのボトルを見れば、その関係性はよくわかります。)

同社は、今でも1930年代、40年代、50年代、60年代ビンテージ・マッカランの在庫を持ち、
大変良質な樽も保有しております。

そんな良質なマッカランの樽から厳選されたビンテージをお届け致します!!

GM社のマッカランは通常40%や43%でボトリングされておりますが、
今回は 46% で、より個性、濃厚さを感じて頂けると思います。

このような良質なマッカランがこの価格で入手出来るなんて、
やはりGM社の凄さを痛感致します。

posted by ちゅん at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ウィスキー

2008年12月02日

■ デコポン入荷!

デコポン

デコポンは「清見タンゴール」に「ポンカン」を交配して誕生した
とっても濃厚な食味の柑橘です。
長崎県の果樹試験場で生まれた時には、おへそがプクッと盛り上がったその奇妙な形から、選抜もれとなっていました。
熊本県不知火地方で盛んに栽培されるようになり、
品種名は「不知火」その一定基準を満たした物が「デコポン」
として出荷されます。

その食味の良さが認められるようになって、
現在のような人気品種になりました。

シャンパーニュで割ってもよし、ウォッカやブランデーと
あわせてもよし!
posted by ちゅん at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ■カクテル

2008年12月01日

■GM CAOLILA 1969-1985

GM CAOLILA

GMカリラのオールドボトルです。

40%ボトリングはいつも劣化が多いことが多いので、
びくびくしながら開けるのですが・・・・。

セーフでした。

なかなか美味かったです。
ピートもしっかり効いていて、素直に美味いカリラ。
40%で口当たりもよく、ちょっと贅沢に水で割っても
美味いかもしれません。

やはりアイラは、強い樽香がないほうが素直に美味いですね。
posted by ちゅん at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ウィスキー