2009年04月29日

■ 沖縄産 島バナナ

まずは、営業のご連絡から。

本日29日(水祝)は、少々用事があるため、
21時からの開店となります。

なにとぞ、ご了承ください。

何度も言いますが、GW、「Panacee」は営業しております
お休みは定めたお休みどおり、日曜とハッピーマンデーのみ
となります。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

↓↓本題です。

嶋バナナ青

島バナナ!

入荷いたしました。

しかし・・・・。


まだ真っ青です。

黄色く色づいて、黒いシュガースポットが出てくるまで
しばしお預けですzzzz

お楽しみに!



posted by ちゅん at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ■カクテル

2009年04月28日

■ Springbank WestHighland Tall Bottle

ウェストハイランド


スプリングバンクの金字塔とも言うべき
「ウェストハイランド」

この加水タイプのトール瓶は
「偽者疑惑」も出たものですが、

まぁ飲んでみたら美味いんですね〜。

万が一、例え偽者だったとしても、
買った値段が買った値段で、
美味けりゃさ・・・・。

偽者だったとしても

全然OKです

美味いッス!バンク流石です。

是非お試しアレ!


※※※
何度も言いますが、ゴールデンウィークは
営業しております!

29日(水祝)は、ちと野暮用で21時からの営業。

GWはいつもどおり、日曜日の定休+ハッピーマンデーのみ、
つまり、5月3日4日だけお休みをいただきます。

のんび〜りしておりますので、
是非是非お立ち寄りくださいませ!
posted by ちゅん at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ウィスキー

2009年04月27日

■ G.Wの営業のご案内 etc

今日はお天気も素晴らしいですね!!

まずは

ゴールデンウィーク!!

Panaceeは定休日の日曜日と、ハッピーマンデー以外は
営業しております!

お休みは5月3日4日のみとなっております。

営業時間も通常通り:19時〜翌3時まで

※※また、4月29日の営業は急用のため、21時からとなります。
よろしくお願いいたします。

多分GWは、だら〜っとのんびり営業しておりますので、
皆様是非!遊びにいらしてくださいね^^
posted by ちゅん at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ etc

2009年04月22日

■ 1945 Rivesaltes

リヴサルト1945

南仏産のグレナッシュとムスカデから、良いヴィンテージの
年のみ造られる正に「天然のヴィンテージ・マジック」。
搾りたてのブドウ液を醗酵させ、醗酵途中にアルコール添加して
醗酵を止め、 甘味を残したまま長期熟成させたワイン。
樽などで2〜3年、長いもので10数年熟成させる。

こちらは驚きの1945年の物。

ほのかなキャラメル香とフレッシュでパワフルな飲み口。
オレンジと乾燥させたイチジクの味わい。
是非お試しを!





posted by ちゅん at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ワイン

2009年04月21日

■ 宮崎 ミニマンゴー

ミニマンゴー

まだまだ出始めの宮崎マンゴーは
カクテルにするにはまだまだ手が出ません・・・・。

なんせ普通に使ってたら、一杯いくら取ったらいいか
解りませんzzz

しかしせっかくなので、宮崎のマンゴーを皆様に
味わってもらいたい!!ってことで

「ミニマンゴー」入荷いたしました。

カクテルにすることも出来るのですが
ここはやはり、〆の口直しで幸せになってもらいましょう。

昨今の宮崎ブームで、このミニマンゴーでさへ
高価なものになってまいりました。

皆様、初物を味わいましょう。

軽食提供も少しづつお頼みいただけように
なってまいりました。

それに伴い、以前からあった「生ハム類」「チーズ類」は
フードメニューから削除し、
早い時間は、こちらもケータリングしてもらうことに
いたしました。

また、来週29日(水)は、食事会のためOPENは21時からとなります。
しかし、Panaceeは祝日も営業しております。

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。

posted by ちゅん at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ■おつまみ

2009年04月20日

■ ゴルフレッスン

5月10日予定のゴルフ「Panaceeカップ」

今回も、それにあたり、毎週日曜はゴルフレッスンです。

DSCN0589.jpg

私も人には言えないスコアで
修行中ですが・・・・・・。

まだまだ参加者募集中です。

皆様でレッツゴルフ!

参加希望の方はこちらまで
panacee@plum.ocn.ne.jp
posted by ちゅん at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ■GOLF

2009年04月18日

■ 国産牛 霜降ビーフジャーキー

ジャーキー

最近の軽食提供と同時に
簡単につまめるものを探していたところ、
バーの定番つまみ「ビーフジャーキー」が。

あまり普通のものではつまらないので
こだわった作り手を捜しこちらに行き着きました。

セミドライ的な柔らかな食感。

脂肪分の甘み。

ビールや、ジンリッキーだけでなく。

赤ワインでも美味しくお召し上がりいただけます^^

posted by ちゅん at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ■おつまみ

2009年04月17日

■ 静岡産 ファーストトマト

ファーストトマト

今年は、生産農家が減ったせいで、
極端に生産量が少なく、入荷待ちが続いた
「特選ファーストトマト」

今年はこれが最期の入荷です。
今年最期の「ブラディマリー」を是非是非お楽しみに。

また、最期の「あまおう」も入荷

また年末までお別れです。

お楽しみに!!

※軽食提供サーヴィス始めました。
posted by ちゅん at 17:54| Comment(0) | TrackBack(1) | ■カクテル

2009年04月16日

■  Strathisla 8y G&M 1970’s-80’s [Scotch Single Malt]  

Strathislay8y

創業は1786年。
ハイランド地方に現存する最古の蒸溜所として、
今なお優雅で美しいたたずまいが残されています。

とりわけ外観を飾る双頭のパゴダ
(アジアの仏寺の塔を思わせる屋根)は、
蒸溜所建築における第一人者、
チャールズ・ドイグの作品として有名。
水車や石造りの建物とともに醸し出される印象は、
この地を訪れる人々から「絵画のように美しい」と
称賛されています。

今回は久々の1970-80年代のボトルをお届けいたします。


posted by ちゅん at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ウィスキー

2009年04月15日

■ ウコン

ウコン
いや〜毎日飲んでると、どうしてもお酒が残って、
翌朝なんとなくだるい感じが・・・・・。

そんな時にこちらのウコン!

効きます!

かなり!

翌朝の寝覚めもばっちりですよ^^

お客様のT先生からご紹介いただいたもので、
肝機能を上げるということから、
美容にもとってもいいそうです。

よかったら皆様も是非お試しください。

私の拙い説明よりもこちらをご覧ください。
http://urushido.or.tv/syohin.html

試したい方は、Panaceeにいらして
さんざん飲んだ挙句、こちらをお出しいたしますので
翌朝の違いを体験してみてください。


フード提供開始のお知らせ
posted by ちゅん at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ etc

2009年04月14日

■ 群馬産 小玉西瓜 まなむすめ

まなむすめ1

早くも、早期収穫の西瓜
「群馬 まなむすめ」が登場いたしました。

スイカはこれから、「新潟の八色西瓜」「北海道のでんすけ」
と続いてゆきますが、一足先にこちらをどうぞ!

西瓜フローズンダイキリや、西瓜マルガリータ、
西瓜ソルティードックなどなど
お楽しみに!

まなむすめ2

※大玉に近いシャリシャリ感を持ち、高糖度で甘く、
果皮は薄く、しかっりと食べ応えのある、
新品種の赤肉系の小玉スイカ「まなむすめ」

ふつうのスイカは7月から8月の夏というイメージですが、
小玉スイカはこれからが旬です。
大玉スイカと比べると年間の取扱量は、
大玉の1割から2割ほどと言われております。
「まなむすめ」は直径が約13センチ〜15センチ、
1,3kg前後になりますので、
冷蔵庫にカットせずにまるごと入ってしまうサイズです。

また、食べきりサイズなのが魅力の一つです。
食味も甘く、水分たっぷりで大玉に負けないというので
人気が高くなりました。

小玉スイカは生育上、昼は光合成をして糖度をため、
夜はその糖分を使って呼吸します。
夜の気温が低いほど呼吸が抑えられ、
糖分の蓄積量が増えます。
寒暖の差が春の時期に適しているために
通常の大玉すいかより出荷時期が早いのです。

posted by ちゅん at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ■カクテル

2009年04月13日

■ 4月14日発売 「東スポ」

東スポ

お恥ずかしい話、

4月14日(火)発売の「東スポ」に

私の結婚式でスピーチと乾杯を
していただいた方の連載があります。

「元集英社インターナショナル 社長」
島地さんの連載です。


そこに・・・・・。

その・・・。内容を掲載していただけたようで、

こんな一個人の一般ピープルの式の内容が、

実名入りで、世間の方々の目に留まることとなりました。

ありがたいのと、恥ずかしいのと、申し訳ないので
少々困惑気味ですが、

よかったら「東スポ」買ってみてください^^
posted by ちゅん at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ エンタメ

2009年04月11日

■ Longrow1987-1999 [Scoth SingleMalt]

Longrow1987

イタリアを代表するボトラー、シルヴァーノ・サマローリ氏が
1999年にクリアトールボトルで
360本の限定でプロデュースした1987年蒸留のロングロウの
ファーストボトル。

このロングロウは最初スコットランドの
スプリングバンク蒸留所で1973年〜74年の一時期に
へヴィーピートの麦芽を使用して蒸留されたセカンドブランドで、

1987年に蒸留を再開、そして現在に至っていますが、
再開後のロングロウの中ではやはり1987年が

圧倒的にスモーキーフレーバーが強いと言われています。
昨年、サマローリは1987年のラストカスクをリリースしましたね。
アイラモルトを彷彿させる鼻腔を突く金属的なピート&スモーク。

その後徐々に麦芽の甘さと旨味がジワジワと出てくる
竹を割ったような歯切れの良いピーテッドモルト。

現在ではこのような味のロングロウと出逢う機会は
少なくなってきていますので、
興味のある方は是非チャレンジしていただきたい一本ですね!


※早い時間の軽食の提供を始めております。

是非是非ご利用くださいませ。
posted by ちゅん at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ウィスキー

2009年04月10日

■ Lagavulin1979 Pedro-Ximenez Finish [Scoth SingleMalt ]

LAGA1979DM

UDV社「Classic Malt」シリーズ同様6銘柄の
「クラガンモア」「ダルウィニー」「グレンキンチー」
「ラガヴーリン」「オーバン」「タリスカー」
各蒸溜所マスターディスティラー達の責任監修の下に登場した、
”Double Maturing”モルトです
ラガヴーリン1979年・ペドロ・ヒメネス・フィニッシュは、
同蒸溜所マスターディスティラー、M.Nicolson氏の手になるもの。
正に、決定的なアイラモルトと評されるこのラガヴーリンには、
波飛沫を連想させる海藻の香りに
ペドロ・ヒメネス・シェリー樽由来の干し葡萄の甘味が
アクセントとして加わっており、
モルトの面白さと奥深さを十二分に堪能させてくれます。

確かファーストリリースは2000年ちょいちょい位だった気が・・・・。
懐かしい1979のDM。
今回はリッター瓶ですよ。
posted by ちゅん at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ウィスキー

2009年04月09日

■ 軽食提供開始のお知らせ

no-title
こんばんは!

店主羽崎でございます。

この度、4月中に、試験的に知人の店と提携して
時間は限定されますが、簡単なケータリングサーヴィスにて、
軽食を召し上がっていただけるようにいたしました。
LION.jpg

あまり香りの強いものや、炭水化物などは、業態上ご用意できませんが、
早い時間のお一人様、
また待ち合わせでお連れ様がまだお食事がお済でなかった時などに、
是非お使いください。

※※お店の都合上基本的に22時半がラストオーダーとなります。

「お食事」と言うよりは、
「やはりお酒のお供」と言った感じとなります。

売り切れの場合も同様にご容赦いただければ幸いです。
当方も始めての試みとなるため、
オペレーション上至らぬこともあるかもしれませんが、
是非是非ご利用ください。

4月中の、お客様のご要望や、オペレーションの状態を見て、
5月以降は検討してまいります。

皆様のお越しを、お待ちしております

「MENU例」

■シャルキュトリーの盛り合わせ2,500
■フォアグラのテリーヌ 2,900 
■豚の頭の温かいテリーヌ2,000
■パテ・ド・カンパーニュ 1,500 
■ブーダンノワール3,500
■厳選チーズ盛り合わせ 2,000 
■鴨のコンフィ 2,300


今月の定休日5日12日・19日・26日
ちなみに、祝祭日は基本的に営業しております。
29日(水祝)は、ワイン会のため開店時間が遅れますので
ご了承ください。

また、HP、imfomation「美味しい物会」アップしております。

現在、山盛りワインのストックもありますので、
是非お楽しみに!!
posted by ちゅん at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ etc

2009年04月08日

■ 夜桜 & 寿司パーティー

すっかり春めいております。

桜もすっかり満開〜散り始めておりますが

夜桜2
なんともまぁ、綺麗な物です。

明治通り沿い、夜一人で家路に着く途中

夜桜1

歩く明治通りの桜に毎日うっとりしております。

日曜には、可愛がっていただいている方の
ご自宅で、青山の名店「寿司 武蔵」の武蔵さんに
出張握りをお願いして、昼から飲めや歌えやの大騒ぎ。

ぱーてぃー1

年をとると、大酒した翌日はほぼ何も出来ません。

十四代

今度は当店でも出張握り、やってもらいましょ〜

皆様是非ご一緒しましょうね^^
posted by ちゅん at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ エンタメ

2009年04月03日

■ DOMAINE BOINGNERES FOLLE BLANCHE 1985 Bottled 1999


ボワニエル1985 1
「ドメーヌ・ボワニエル」は、このところ新聞や雑誌等で話題になっている
「プロプリエテール」の生産者なのです。
「プロプリエテール」とは、原料となっているぶどうの自家栽培から自家蒸留、
自家熟成、そして自家瓶詰している、現在の造り手では少なくなった、
製造工程の最初から最後までを手がける生産者のことです。


規模はとても小さくいわゆる農家の域を出ないのですが、
大手の生産者には出来ない、
製造工程のすべてに造り手の管理が行き届いた、
希少なアルマニャックです。
そしてこの生産者のもうひとつの特徴が、
アルマニャック界では大変珍しい、
ぶどうの品種ごとに蒸留、熟成を行い、
一切加水をすることなく瓶詰めしていることです。
ラベルにはヴィンテージと品種名が記載されており、
度数は49%です。

オーナーのマーティン・ラフィット氏は、
女性ながらアルマニャックの生産に携わっています。
会社としてのスタートは1807年までさかのぼります。
ラフィット氏の母方に当たるボワニエル家が畑を購入し、
ワインを醸造し、販売していました。

その傍ら少量の蒸留も行っていました。
第2次世界大戦後には、レオン・ラフィット氏が
ボワニエル家の娘と結婚し、
当主の死後はラフィット氏が全面的に経営を行うようになりました。
彼は5年間に及ぶ戦争捕虜としての生活を乗り越え、
40年近くもアルマニャックの生産に情熱を注ぎました。

自家で所有する畑を見直し、
フォルブランシュなどのぶどうを新たに植えたり新しい蒸留器を購入したりと、
最高のアルマニャックを造るべく文字通り命を賭けたのです。

残念ながら1994年に彼は故人となりましたが、
その遺志を娘である現オーナーがしっかりと受け継ぎ、
高品質アルマニャックを生産し続けています。

ボワニエル 3
現在出回っているものは、2008年瓶詰めが多いのですが、
今回ご紹介いたしますのは、
1999年にボトリングされた物。

しかも同年にスピリッツコンテストで金賞を受賞した
一本です。

ボワニエル 2
現在非常に希少となった最高のフォルブランシュが
この1985ヴィンテージです。
posted by ちゅん at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ブランデー

2009年04月02日

■ まんまる (居酒屋 恵比寿)


恵比寿「まんまる」

我々飲食業従事者は、仕事が終わるのが
遅い物である。

その時間までやっている飲食店でいわゆる「美味しいお店」
を探すのは困難である中、

こちらのお店は朝方5時、6時くらいまで営業していると言う
頼もしいお店。

ともすれば金曜などは朝型5時くらいに行って「満席」
なんてこともしばしば・・・・。

なんと言っても一生懸命やっていて、
メニューも四季折々、お刺身などもけっこう美味いのだ。

もちろんそんな時間に行けば、
近所の飲食業の方々が、飲んだくれていることも
良く目にする。

先日3月30日は、「まんまる 3周年」

まんまる
いつものお礼に!っと
少しゴージャス盛りになった「刺し盛り」である。

みなさんも是非!
posted by ちゅん at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ■レストラン・Bar

2009年04月01日

■ Bowmore 8y Islay Festival 2008


IslayFes 8y
一見、
普通のオフィシャルボトルに似ていますが、どこか違う。

バックバーの後列あたりに並んでたら、ちょっと
気付かないくらいのラベルです。


毎年開催されるアイラ島の
フェスティバルでボウモア蒸溜所2008年に出品したボトル。

「FEIS ILE 2008」の刻印

全部で600本のボトリング。
すべてのボトルに番号と所長の手書きサインがあります。

8年にして奥行きのある味わいと
独特のトロピカルフレーヴァー。

8年とて侮るなかれ!
posted by ちゅん at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ウィスキー