2009年08月31日

■ 日曜日は

久々のキックボクシングの試合でした

8.30 ディファ1

8.30 ディファ28.30 ディファ3

どうですか?ジムの人は皆「イケメン」(死語)でしょう?

まぁ

結果から言えば

判定負けしちゃいました。

ほとんど差は無かったと思うのですが、

手数と、アグレッシブさで相手の印象が良かったようです。

いや〜10代の子は元気ですな〜

今回はフライ級まで減量しました。

でも今まででは、一番緊張も少なく、筋肉の状態も良かったし
怪我も無かった。
コンディションはベストだったと思います。

悔いはない?ってことはありませんよ。

単純に、初心に戻ってもっとガンガン攻めていれば・・・・

っと心残りでありません。

ただし・・・・。

やはりきつい減量は仕事に響くのを実感しました

土曜日入らした皆様すみません。

喉が渇きすぎで、お腹も空きすぎで、全く良い接客が
出来ませんでした。

これはプロ失格ですね

ボクシングをやるに当たり、普通試合前2日くらいは皆
ゆっくり休むのですが、

私は、当日の朝まで、仕事をして試合に臨みます。
これは
「自分の状況下、仕事に支障の無い範囲内で、
 自分が何処まで出来るか?」

を自分の中で一番の条件としてやっておりました

仕事がおろそかになるようではいけませんね。

キックの試合を続けるに当たって
本当に勉強になったこともあります。

それは、

限られた時間の中で、日常ではまずありえない、
しかも非常に過酷な絶対的約束事「減量」をこなすと言うこと

これをする事で、「約束事」を必ず「期日」までに守る
と言うことを強く意識します。

そして、良くも悪くも、試合前の本当に嫌になるような努力が
たったの2ラウンドという短い時間で
はっきりと「白・黒」というジャッジをつけられると言うこと

これは、今までの努力が
「努力をしたからいい!」というだけでは報われない
「勝利」を勝ち取る為の「努力」は
「勝利」するからこそ、「頑張った」になる訳です。

つまり、「負け」は努力が足りなかった事に他ならないのです。

これだから「勝負事」は本当に楽しいです。

こういったことから私は常に「結果を出す」と言うことを
常に重要視します。

受験と一緒ですね。

どんなに頑張っても、「合格」しなければ
その努力が報われることは絶対に無いのです。

あくまで目標が「合格」であるという点に於いてはですが。

実は私は非常にナイーブになります。
こんな精神状況も常に克服しながら、試合までの時間を過ごします

そして体育会系という社会の中での
「気持ちよさ」「挨拶をするということ」「感謝すること」
を深く学んでおります。

本当にスポーツは最高です。

とまぁ、自分の環境的にはきつい減量をしていたわけですが、

試合後はその反動で・・・・・

焼肉→アイスクリーム→Bar→焼肉→アイスクリーム

一軒目は安心して食える

「牛の蔵」

8.30 牛の蔵5

高級部位「シャトーブリアンがいい」とのことで
ついつい頼んでしまう

見てください

8.30 牛の蔵7

この高く聳え立つ丘

8.30 牛の蔵18.30 牛の蔵28.30 牛の蔵38.30 牛の蔵48.30 牛の蔵68.30 牛の蔵88.30 牛の蔵9

8.30 牛の蔵10

そして念願の「白米」


「今日は潰れるまでのんだるで〜」と思ってましたが

胃も小さいし、お酒も久々なので

ビール2杯でzzzzz

OUCA1

OUCA2

そのあと、恵比寿駅前の「OUCA」で「抹茶サンデー」

家で少し寝て、

葉巻を吸いに近所に最近出来たBar「ROTA」で一服してると

小腹が空いてきた・・・・・・

ので、近所で気になっていた

「恵比寿ホルモン」

恵比寿ホルモン1恵比寿ホルモン2恵比寿ホルモン3恵比寿ホルモン4恵比寿ホルモン5

本日二度目の「ハツ刺し」に「博多ホルモン鍋」

まぁ・・・・。

うん・・・・・。

ご馳走様って感じでしたが、




はい・・・・3kg増量・・・・・

今日から仕事

マジでやるますぜ
posted by ちゅん at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ エンタメ