2009年09月14日

■ 「とん吉」 恵比寿・焼肉

昨日のお休みは

LION

いつもの「le Lion」で昼食をとり
お土産を「Toshi Yoroitsuka」でお土産を買って

先月末に生まれたばかりの姪の顔を見に茨城へ^^

DSCN1431.jpg

目もぱっちりで可愛い女の子なのですが、

生まれたばかりの小さな命は、
「可愛い」と思うよりは、生き物として弱さに
もちろん首もすわって無いし、怖くて触れられません

自分は親になれるのでしょうか???

オムツの交換なども、もちろん恐ろしくて出来ません

生まれたばかりの姪には、ちょ〜おてんばの5歳の姉がいて

母がいない隙に、勝手にオムツを変えたり、
床で寝ている幼子の周りを、ガンガン走り回ったり・・・・。

胃が痛くなりました。(若干の殺意もw)

どうか事故などありませんように;;

いたたまれなくなったので夕食をとって
即、東京へUターン。

早めの夕食だったので
家に着いたら既に、お腹が空いてきました

なので・・・・

焼肉(今日もw)

3861602070_2bce8c1ebc_o.jpg

恵比寿駅近くにある「とん吉」へ初訪問。

このお店は沖縄の「あぐー豚」「山原牛」、
そして沖縄の料理を中心とした、
いわゆる地方個性を色濃く打ち出したお店

この手のお店は、「地元愛」の人がやっていると最高なんですよね

しかもこの場所、非常に難しく、今までのお店はすぐに閉店続き。

どうなんだろうな〜なんて思いながら店内へ。

周りを見渡すと、お店は午前1時ごろにして、ほどほどの混雑具合

もう少し良く見てみると、あいているテーブルは

前のお客様の食器やグラスが、全て片付けられないで
置かれたまま・・・・・。

全然人が足りてません。

だめか・・・・・。

とは言え、味わってみようと思って唯一片付いているテーブルへ

3861600510_846833e326_o.jpg

眺めながら「オリオンビール」で喉を潤す

そして、お店の人にお奨めを聞きながら注文

あぐー

・あぐーカルビ一枚焼き 1200yen/一枚w(長さ20cm・幅5cm)

じゅ〜っと焼いて見ると、こげた脂が香ばしく、
お通しで出されるサンチュと味噌とともに巻いて食べると
結構いける!!

そして

ヤンバル牛

・山原牛 厚切りロース 1500yen

他にも

・山原牛サガリ1800yen
・山原牛 すじ煮込み ??
・ゴーヤナムル 500yen
・レバ刺し 1100yen

まぁあぐー以外は全部・・・・まぁ・・・・ご馳走様w

レバ刺しなんて、完全にルイベ状態・・・・

凍ってます・・・・。1,100円で・・・・・。

なんか、肉類が非常に割高なイメージ。
と言うより、お奨めのややお値段高めの物を注文したのですが
ポーションが小さいので、更にCPを感じるのが難しいっす

アグーなんて程ほど美味いので、もう少し手ごろなら
使い勝手がいいのにな〜

豚ばかり頼んで、サンチュで巻いてガシガシ手ごろだったら
十分にいけるのにな〜

空輸料金が高い物なのかな〜

料理が出てくる順番も、う〜ん・・・・。

ナムルだけ食って、ず〜っと激しく討論しながら
飲んでいるグループなどもあって

「焼肉屋」と言うよりは、「沖縄居酒屋」と言うのが正しいかも

面白かったのは、
「石垣島唐辛子スープ」

まぁ、全体的に普通なんだけど、
島唐辛子の香りは、やはり印象的^^

ヤギ肉もあったけど、怖くて頼めません。

とまぁ・・・・そんな感じでした

posted by ちゅん at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ■レストラン・Bar