2008年07月02日

■Laphroaig Unblended [Scotch Single Islay Malt]

Laphloaig unblended
アイラ島の南、大西洋の荒波が打ち寄せる広い湾の浜辺に
白い建物が立っています。それが ラフロイグ蒸溜所。
「ラフロイグ」は広い湾の美しい窪地といった意味になります。

Laphroaig――名前は難しくても、香りは一度で覚えてしまいます。
専門家はヨードやクレオソートに似た香りといい、
また、オイリーであると指摘します。

この深く独特な香りできわだつラフロイグは、
まさにアイラ・モルトの王者。熱烈なファンが多く、
チャールズ皇太子もそのひとりです。

ラフロイグは伝統的なフロアモルティングを守る数少ない蒸溜所のひとつ。
キルンからは、いつも煙があがり強い海風に渦巻いています。

乾燥に使用するピートもラフロイグでは自前。
専用のピート採掘場をもち、良質のピートを切り出して使っているのです。

濃密な煙から生まれ、樽詰めされたラフロイグは
波しぶきを浴びる浜辺の貯蔵庫で眠り、
磯の香りを呼吸しながら長い長い熟成の旅を続けていくのです。

70年代にボトリングされた[Unblended]
柔らかい口当たりからは想像しがたいほど、豊かな味わい。

これだからオールドボトルは辞められません。
posted by ちゅん at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ウィスキー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16574166

この記事へのトラックバック