2008年11月03日

■ レストラン ひらまつ(広尾 フレンチ)

2日続いての、高級フレンチになりますが、
広尾の高級フレンチ「レストラン ひらまつ」
同店は日本を代表するフランス料理店。

私はこのお店が、日本で最もサーヴィスの優れたフランス料理
レストランと思っています。

入り口からの出迎えや、予約時の入店のタイミングの
調整など、気遣いが細やか。

私は基本的に、高級レストランではアラカルトで注文する
事が多いので、今回もカルトで。

ワインは同伴者と共に量が飲めないため、
料理ごとにお任せのバイ・ザ・グラスで。

高級店ではグラスで開けているワインのグレードやレベルの
高さに喜びを覚えることが多い。

リーズナブルなお店では、良いワインをグラスで販売しても
料理に対してグラスワインの値段が高くなってしまうため
ほとんどいいワインを開けてないですよね?

アミューズは
アミューズ
フォアグラムースと、南瓜のムースと、クロケットの3点

働いている友人からの心遣いでシャンパーニュを戴く。

前菜は各
・セップ茸のコンソメ とうもろこしのフォンダン
 フォアグラのソテー 3種の香りと共に
・オマール海老 仔鳩の燻製 ポーチ・ド・エッグを添えたサラダ
コンソメオマール 鳩

香り高いセップ茸の香るコンソメにトロトロのトウモロコシの
ムース。そしてフォアのマリアージュ。
もう一皿は、オマールと小鳩が同時に食せる食いしん坊な一皿。
ぷりぷりなオマールと、香ばしく薫香のついた小鳩。
ポーチドエッグを潰して生野菜と共に楽しむ。

面白かったのはソムリエの錦織のチョイス。

シャトーシャロン1986年をこの一皿にあわせました。

う〜んグルマン。

メインの前に少し足りなかったら困るので、
肉料理でメインに当たる
・リードヴォーのノワゼット 
 ポルトーの香りの甘酸っぱいソースにのせて
 森の恵みの詰まったフイユテを添えて
リ
を、二人でシェアして前菜の二皿目とする。

メインは
・フランス産野生ぺルドローのロースト 
 野趣漂うジューを添えてカルダモン風味の小蕪と共に
・オマール海老のロースト コライユの香りをのせた
 ホウレン草の若葉添えヴァンジョンヌのソースと共に
ペルドローメインオマール
ペルドロー(山鶉)は、時期的にもお奨めとの事だったので
迷わずそれを。
若目のジュブリー・シャンベルタンとあわせる。

これが、羽ジビエとピノノワールのマリアージュか・・・・。
盛り付け、ポーションともに、これがフランス料理だろう。

食欲をそそり、見た目から味わいまでしっかりとして
美味い。昨今のレストランのちまちました、玩具のような
飾りつけの好かない私には、これが「正統派」と写っております。

オマール海老にはヴァンジョーヌのソースを
香ばしい味噌と共に、モンラッシェの1erCruをあわせる。

デセールはヴァシュランガトーショコラ
・バニラとフランボワーズのヴァシュラン
 赤いフルーツの温かいクーリー
・ガトーショコラ ひらまつ風

プティフールに
プティフールプティフール2
この二皿を戴いてフィニッシュ。

昨日のKOJI-SHIMOMURAとは一線を画する
伝統と、新しさの交錯する素晴らしいレストラン。
このホスピタリティーは本当に素晴らしいの一言です。

晴れの日には是非訪れてみてください。

「レストランひらまつ 広尾」

住所:東京都港区南麻布5-15-13
定休日:毎週月曜日 (祝日の場合は翌日に振替)

posted by ちゅん at 15:52| Comment(2) | TrackBack(1) | ■レストラン・Bar
この記事へのコメント
2日続けての豪遊、凄いです!
お料理の写真丁寧にとてもよく撮れていました(^−^)
Posted by 林 麻由美 at 2008年11月05日 12:33
ふ〜(´〜`ヾ) 、さすがに胃が疲れました。

やはり私は日本人。

お茶漬けが恋しくなりました。
Posted by 店主 at 2008年11月05日 13:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22357013

この記事へのトラックバック

くちこみブログ集(タウン): リストランテ ひらまつ 広尾(フレンチ) by Good↑or Bad↓
Excerpt: 「リストランテ ひらまつ 広尾(フレンチ)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら..
Weblog: くちこみブログ集(タウン)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓
Tracked: 2009-04-20 07:59