2009年04月11日

■ Longrow1987-1999 [Scoth SingleMalt]

Longrow1987

イタリアを代表するボトラー、シルヴァーノ・サマローリ氏が
1999年にクリアトールボトルで
360本の限定でプロデュースした1987年蒸留のロングロウの
ファーストボトル。

このロングロウは最初スコットランドの
スプリングバンク蒸留所で1973年〜74年の一時期に
へヴィーピートの麦芽を使用して蒸留されたセカンドブランドで、

1987年に蒸留を再開、そして現在に至っていますが、
再開後のロングロウの中ではやはり1987年が

圧倒的にスモーキーフレーバーが強いと言われています。
昨年、サマローリは1987年のラストカスクをリリースしましたね。
アイラモルトを彷彿させる鼻腔を突く金属的なピート&スモーク。

その後徐々に麦芽の甘さと旨味がジワジワと出てくる
竹を割ったような歯切れの良いピーテッドモルト。

現在ではこのような味のロングロウと出逢う機会は
少なくなってきていますので、
興味のある方は是非チャレンジしていただきたい一本ですね!


※早い時間の軽食の提供を始めております。

是非是非ご利用くださいませ。
posted by ちゅん at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ウィスキー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28406763

この記事へのトラックバック