2009年06月05日

■ J.Bally Reserve de la famille [Rhum Martinique]

Bally

J.バリー・ラムは、西インド諸島マルティニーク島西海岸
、ル・カルベ村にさとうきび農園を持つJ.バリー社が、
栽培、蒸留から瓶詰めまで、一貫して行っていた製品ですが、
1978年以降は自らの生産を停止し、
ラム原酒の生産をシモン蒸溜所に委託しているそうです。

ちなみにシモン蒸溜所では、
かつてのJ.バリー社の蒸溜所で稼働していた連続式蒸溜器が
現在も使用されているそうです。

このレゼルヴ・ド・ラ・ファミーユは、
家庭用に特別にストックしている、
とびきり出来のよいロットを瓶詰めしたもので、

中には貴重な1920年代から1960年代までの古酒が
ブレンドされているそうです。

自家農園のサトウキビを搾り、新鮮なジュースを発酵、
蒸留したラムにはアグリコール (agricole) の
形容詞がつけられます。

マルティニーク島のラムは、一般的にミディアム・タイプ。

現在出回っている2007年に出たファミーユは、
1980年代以降蒸留の出来が良いラムを
厳選して詰めた物ですが、

こちらは役者が違いますよ。

posted by ちゅん at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ラム酒
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29607516

この記事へのトラックバック