2009年08月29日

■ Far Niente DOLCE Late Harvest1993

おはようございます!

今日も暑いですね〜

そして昨日は、なんかの〜んびりな営業でしたzz

予想外に(火)(水)とかが忙しかった
しわ寄せでしょうか・・・・。

さてさて

今日は

新しく入れた

甘口ワインのお知らせです。

DOLCE

ナパ最古のワイナリーの一つ、ファー・ニエンテの
デザートワイン専門レーベルであるドルチェは、
イタリア語で「甘味」を意味します。

元来、ファー・ニエンテのオーナー故ギル・ニッケル氏個人の
楽しみの為だけに極少量造られていたドルチェですが、
後に世界的な高評価を受け、
1989年に一般へもリリースされるようになりました。

果実は、ナパ東部、
ヴァカマウンテン麓のクームスヴィルに位置する
このワイン専用の畑、
ドルチェ・ヴィンヤードからのみ選ばれます。

ドルチェ・ヴィンヤードは
ボトリティス菌の繁殖に適した環境にあり、
ブドウの貴腐作用をより発揮させることを目的として、
果実は毎年10月中旬から11月末と
非常に遅い時期に収穫されます。

仕上がるワインはソーテルヌを意識した品種構成となっており、
ほぼ毎ヴィンテージがセミヨンを主体として(90%前後)、
ソーヴィニヨンブランがブレンドされます。
熟成にはフレンチオークの新樽を100%用いられ、
待ちわびるファンを尻目に長い時を経た後、
晴れてリリース時期を迎え姿を現します。

エッセンスが凝縮され濃厚で甘美。
そして妖艶かつしなやか。
その様相はまさしく神々の酒「ネクター」。

贅沢の極みとして、
しばしばイケムと比較されるほどの賞賛を各処で
受けるドルチェは、探し求めるファンが多いにもかかわらず、
生産量が大変少ない為に極めて入手困難なアイテムです。

貴腐を始めとするデザートワインを、
日常頻繁に飲むという方は少ないかもしれませんが、
食事最後の締めを飾るワインとして欠かせませんよね?

誰に振舞っても、決して恥の無いデザートワインの極め付け。

現在楽天でも近年ヴィンテージがハーフで
10000円↑↑↑↑↑↑↑↑
とかなりの高額なワインとなっておりますが・・・・。

そこはPanacee。

こういったものは私の個人的趣味に限りなく近いものですから

手ごろに飲めますぜ^^
posted by ちゅん at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ワイン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31710574

この記事へのトラックバック