2009年09月11日

■ Dupont 1930 [Brandy Calvados]

今日は花の金曜日!

皆様さぞ盛り上がる・・・・のでしょうか???

またまた今日も昼から近所の「le Lion」へ

昨晩の「まんまる」の白岳お湯割りが抜けないまま

迎え酒でシャンパーニュを

いかん・・・・・眠い・・・・・

とは言え、今日は花金。

頑張らなくては!

さてさて、また今月も高級カルバドスでございます。

Dupont1930

大好きな生産者「Dupon」の1930年蒸留の1本

ちなみに、ヴィンテージ表記なし・・・・・。
(事情があって記載しなかった物です)

これは至高のカルバドスでございますね^^

近々には

・Pierre Huet 1921
・Adrian Camu Rarete 1800年代70%
・Adrian Camu 1955

など超上質カルバドスを開けておりますので
カルバドスファンの方は是非お待ちしております。



※※「デュポン」はペイドージュ地区に約27ヘクタール、
6000本のりんごの樹を所有し、
その収穫からボトリングまで、
全てをデュポン・ファミリーが管理している
まさに家族経営のブランドです(自家農地製品)。

もともと現オーナーのエティエンヌ・デュポン氏の祖父が、
カルヴァドスを自家生産して、樽で販売していました。

そして1980年にエティエンヌが父から代を受け継いで、
「デュポン」ブランドを正式に立ち上げました。

彼は、蒸留や熟成の技術革新に取り組み、
見事に最高級品のカルヴァドスへと進化させました。

世界中の高級レストランやバー、ホテルが取り扱っており、
フランス国内ではタイユヴァンや
トゥールダルジャンを始めとして
ミシュラン3つ星レストランの半数以上がオンリスト、

イギリスでは高級百貨店として名高い
ハロッズやフォートナム&メイソンなども扱っています。

その生産量の少なさゆえに、
特にヴィンテージ表記品はなかなか数多く出回らない
デュポン・カルヴァドスです。
posted by ちゅん at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ブランデー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32058431

この記事へのトラックバック