2009年01月19日

■ Toshi Yoroitsuka 「2009年 NEW YEAR DESERT LIVE」

話は、年明け早々にさかのぼりますが、

雑誌などで度々、ご一緒させていただいている、
「鎧塚 俊彦」さんのお店「Toshi Yoroitsuka」

店内

ミッドタウン店にて行われた、初の試み

「NEW YEAR DESERT LIVE」

デザートをコース仕立てでという物です。

常連さんよりお声掛け戴き、ご一緒させていただきました。

完全予約制にて、定刻よりスタート
シュー
・Choux Olive (オリーブ、ゴルゴンゾーラ、クレムパティシエール)
香ばしくカリカリのシューとチーズの塩味とほんのりとした甘みが複雑で、コクのあるペーストとの相性もよし!
シャンパーニュとあわせて。

ポティロン
・Soupe Potiron(和栗、南瓜、とうもろこし)
フィニッシュとうもろこしの香る、和栗と南瓜、とうもろこしを使った
スープ仕立て。

クレープ1クレープ2
・Crepe suzette a la Toshi
ふっくらと焼き上げられたクレープにグリオット・クレムパティシエールを包み込み、
ワインや、コアントローで煮込まれた、クレープシュゼット
濃厚なクレム、オレンジの酸味、香り。
あわせた白ワインの樽香との相性がよく、ほのかな酸味も心地よい。

苺グラス
・Fraise Gazeuxse avec Glace Vanille
白ワイン・苺、お砂糖のエスプーマが口の中で広がる。
リッチなバニラアイスを沿えて

インパクト
・Impact
注目はメインは「Impact」と言って、かつて『どっちの料理ショー』で作られ、
その後、 1日限定20食で3日間限定で提供されたもの。
1900円という値段にもかかわらず3時間待ちの行列を作った幻の皿。
貴腐ワインをふんだんに使った贅沢な一皿は、
ジューシーで果汁たっぷりの紅マドンナと、
カカオ分80%という強い渋味を持ったチョコレートと一緒に。

紅まどんな 酸味、 オレンジのグラスの甘み。
そして強烈なカカオの渋みがまさにインパクト

カネハチ
・Chocolat Kanehachi
香ばしい大分焼酎?兼八を練りこんだ生ショコラ
香ばしい兼八が、カカオの香ばしさを更に引き立たせ
素晴らしいマリアージュ。
鎧塚氏

とまぁこんな感じでお土産までいただきました。

足しげく通う方には、このような会のお知らせがいただける
かも知れませんね。

● 所在地 東京都港区赤坂9-7-2 
東京ミッドタウン・イースト1F B−0104
● 最寄り駅 都営地下鉄 大江戸線 六本木駅
東京メトロ 日比谷線六本木駅
● TEL/FAX 03-5413−3650/03-5413-3651
● 営業時間 shop 11:00〜21:00
salon 11:00〜22:00(L.O21:00)
※火曜日はサロンのみの営業となります。
● 備考 駐車場あり(有料)
イートイン可・テイクアウト可・ 全席禁煙
※ 詳しくはお店までお問い合わせ下さい。
posted by ちゅん at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ■レストラン・Bar

2008年11月09日

■Aux Gourmands フレンチ麻布台



本日は家族のとあるお祝いから、
私的に非常〜〜〜〜〜に、大好きなお店
「Aux Gourmands」に家族でお邪魔してまいりました。

HP中、過去の美味しい物会でも登場したお店ですが、

とにかく「満足感」が非常に高いのです。

「美味しい物を、腹いっぱい食ってくれ!」
シェフの料理は気持ちがこもっており、
美人なマダムのサーヴィスも、スマート且つ柔らか!

なんと言っても、とってもリーズナブルなんです。

今日のメニューは貸切だったので
アミューズ+前菜2+メインのコースを
人数で色々分けてやっていただきました。

アミューズ
アミューズは、カマスの焼いた物と、ムール貝のまりね
そして定番のリエット。
カマスの香ばしい焼き目と、モチモチの食感がたまりません。

そして、前菜1は3種類
バロティーヌ秋刀魚まりね牡蠣まりね
・ほろほろ鳥、フォアグラ、キャベツのバロティーヌ
・岩手広田漁港の牡蠣のマリネ、焦がしエシャロットのドレッシング
・秋刀魚の一本マリネ

前菜2も3種類用意していただきました。
内臓スープ魚スープリゾット
・内臓と野菜のココット焼きあつあつスープ
・魚の裏漉しスープ、ジャガイモのニョッキ添え
・秋トリュフとフォアグラのリゾット
いや〜定番ですが、内臓の食欲をそそる香りに惹かれ、
スープドポワソンをすすり、フォアグラリゾットで悶絶。

メインは、やはりシェフの得意分野。「焼」で
鱸若狭牛三元豚
魚は「鱸」かりっと香ばしい皮目と、ホクホクの身の食感。
そして本日の牛は「若狭牛」こりゃうまいゎ。
豚では「三元豚」脂のあまりが口でとろけ、肉を噛み締め
肉汁がこぼれそうになる。

は〜幸せ。
本日は、シェフにお心遣いに感謝とともに、
家族で集まれたことに感謝。

最期はデセール3品食べて・・・・。
タタンカスタードプリン洋ナシムースグラッセ

姪の「詩子」と戯れてフィニッシュ。
詩子

本当の食いしん坊には最高のお店ですよ。

■Aux Gourmands 
東京都港区麻布台3-4-14 麻布台マンション103
03-5114-0195
日曜定休
posted by ちゅん at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ■レストラン・Bar

2008年11月03日

■ レストラン ひらまつ(広尾 フレンチ)

2日続いての、高級フレンチになりますが、
広尾の高級フレンチ「レストラン ひらまつ」
同店は日本を代表するフランス料理店。

私はこのお店が、日本で最もサーヴィスの優れたフランス料理
レストランと思っています。

入り口からの出迎えや、予約時の入店のタイミングの
調整など、気遣いが細やか。

私は基本的に、高級レストランではアラカルトで注文する
事が多いので、今回もカルトで。

ワインは同伴者と共に量が飲めないため、
料理ごとにお任せのバイ・ザ・グラスで。

高級店ではグラスで開けているワインのグレードやレベルの
高さに喜びを覚えることが多い。

リーズナブルなお店では、良いワインをグラスで販売しても
料理に対してグラスワインの値段が高くなってしまうため
ほとんどいいワインを開けてないですよね?

アミューズは
アミューズ
フォアグラムースと、南瓜のムースと、クロケットの3点

働いている友人からの心遣いでシャンパーニュを戴く。

前菜は各
・セップ茸のコンソメ とうもろこしのフォンダン
 フォアグラのソテー 3種の香りと共に
・オマール海老 仔鳩の燻製 ポーチ・ド・エッグを添えたサラダ
コンソメオマール 鳩

香り高いセップ茸の香るコンソメにトロトロのトウモロコシの
ムース。そしてフォアのマリアージュ。
もう一皿は、オマールと小鳩が同時に食せる食いしん坊な一皿。
ぷりぷりなオマールと、香ばしく薫香のついた小鳩。
ポーチドエッグを潰して生野菜と共に楽しむ。

面白かったのはソムリエの錦織のチョイス。

シャトーシャロン1986年をこの一皿にあわせました。

う〜んグルマン。

メインの前に少し足りなかったら困るので、
肉料理でメインに当たる
・リードヴォーのノワゼット 
 ポルトーの香りの甘酸っぱいソースにのせて
 森の恵みの詰まったフイユテを添えて
リ
を、二人でシェアして前菜の二皿目とする。

メインは
・フランス産野生ぺルドローのロースト 
 野趣漂うジューを添えてカルダモン風味の小蕪と共に
・オマール海老のロースト コライユの香りをのせた
 ホウレン草の若葉添えヴァンジョンヌのソースと共に
ペルドローメインオマール
ペルドロー(山鶉)は、時期的にもお奨めとの事だったので
迷わずそれを。
若目のジュブリー・シャンベルタンとあわせる。

これが、羽ジビエとピノノワールのマリアージュか・・・・。
盛り付け、ポーションともに、これがフランス料理だろう。

食欲をそそり、見た目から味わいまでしっかりとして
美味い。昨今のレストランのちまちました、玩具のような
飾りつけの好かない私には、これが「正統派」と写っております。

オマール海老にはヴァンジョーヌのソースを
香ばしい味噌と共に、モンラッシェの1erCruをあわせる。

デセールはヴァシュランガトーショコラ
・バニラとフランボワーズのヴァシュラン
 赤いフルーツの温かいクーリー
・ガトーショコラ ひらまつ風

プティフールに
プティフールプティフール2
この二皿を戴いてフィニッシュ。

昨日のKOJI-SHIMOMURAとは一線を画する
伝統と、新しさの交錯する素晴らしいレストラン。
このホスピタリティーは本当に素晴らしいの一言です。

晴れの日には是非訪れてみてください。

「レストランひらまつ 広尾」

住所:東京都港区南麻布5-15-13
定休日:毎週月曜日 (祝日の場合は翌日に振替)

posted by ちゅん at 15:52| Comment(2) | TrackBack(1) | ■レストラン・Bar

2008年11月02日

■EDITION KOUJI SHIMOMURA 六本木フレンチ

今回の定期食事会は、久々にパリッと高級フレンチで。
詳しい内容はHP「美味しい物会」に後日アップいたしますが
その前に少しだけ。

フランスにて数々の名店で腕を磨いた
シモムラシェフのお店。

今年のミシュランでは★が確実視されており、
そうなったらさぞ予約が困難なことでしょう。

そんな前にいつものグルマンチームとお邪魔してまいりました。

「最先端のフレンチはこういうものなのかと感心した食事会でした」

アミューズブール牡蠣ブーダンフリット鴨アバンデセールデセールカカオ吸い最期でセール
料理はどれも、一本鮮烈なインパクトがあり、素材感が生かされ
そして、複雑な味の構成はまるでミルフィーユの様。

店内の雰囲気やサーヴィス。

これが人気店の秘密なんだな・・・・・・・。
posted by ちゅん at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ■レストラン・Bar

2008年08月11日

■CHEZ MARMITE 麻布十番フレンチ

麻布十番、六本木からの鳥居坂下にあるフレンチ「CHEZ MARMITE」

ツーフロアーの店内は、一階がペットOKの気軽に立ち寄れる
カフェスタイル。
カフェやデザートだけ、という気軽な使い方もOKだが、
アラカルトでフレンチが楽しめるのも嬉しい。


地下のフロアーは本格的フレンチを楽しめるスタイルになっていて
少人数から貸切まで、コースメニューも色々と相談に乗ってくれます。

こちらは先日うかがったときのメニューです。

P1040355.JPGP1040358.JPG
P1040361.JPGP1040364.JPG
P1040366.JPGP1040367.JPG
・色々な野菜をそれぞれの調理法で楽しむ一皿
・スープ ド ポワソン
・鱸と牡蠣のパイ包み焼 ブールブランソースで
・熊笹のグラニテ
・牛フィレ肉のロッシーニ風
・サバラン


私の友人でもあるオーナーシェフの釜津田氏は
まだ若干の二十代。
これからが楽しみでしかたありません。

住所:〒106-0032 東京都港区六本木5-11-25

アクセス:
地下鉄南北線麻布十番駅 徒歩3分 
地下鉄日比谷線六本木駅 徒歩10分 

TEL:03-5443-8223

営業時間:
「ランチ」12:00〜15:00
「ディナー」18:00〜03:00(L.O.01:30) 

定休日:月曜日 


posted by ちゅん at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ■レストラン・Bar

2008年07月14日

■玉木 (広尾)

渋谷橋、駒沢通りから広尾中学へ向かうことしばし。

P001086145_118.jpg
ひっそりと佇む、フレンチ「玉木」

夜は安心して食べられる、身体に優しい美味しいフレンチを
提供しているお店。

シックで高級感溢れる店内。
調度品や使われている備品も素晴らしい高級店。

たまに当店にも飲みに来ていただける柔和なご主人、
玉木さんは人柄も素晴らしく作り出す料理も繊細で優しいのだ。

そんな玉木が実はひっそりランチをやっている。

あまり知られていないのでのんびりランチに最適。
あの広々高級感溢れる店内で、ゆったりくつろぎのひと時が
堪能できてします。

昼はサンドイッチや私の知人でもある某文化人の方と
一緒に試行錯誤で作ったハヤシライス。
スパゲティーなどが用意される。
P1040028.JPGP1040030.JPGP1040032.JPG

とにかく優しい料理のため、染み渡る味わい。
サンドイッチには酒のハラスを燻製→炙りや
高級和牛を使った牛炙りサンド。
ハヤシライスはチープなデミグラスではなく
丁寧に作られたフォンの味わいが素晴らしい。

皆様も是非こっそりお忍びランチにお使いください。

P1040033.JPG

もちろん夜には身体に優しい本格フレンチが堪能できます。
カウンターや個室もあるので様々なシーンに対応できますよ。

東京都渋谷区広尾3-12-40 広尾ビル 1F
TEL:03-6419-8515
月曜定休

http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000694352.html
posted by ちゅん at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■レストラン・Bar

2008年06月18日

■ Artichaut 恵比寿 フレンチ

P1030813.JPGP1030815.JPGP1030818.JPG
P1030808.JPGP1030810.JPGP1030812.JPG
P1030819.JPG


最近仲良くさせてもらっている、近所のフレンチ「Artichaut」

シェフ山根氏は私と同じ今年30歳。
日本でフランス料理を修業してから2000年に渡仏。
アルノー・デルモンテールやピエール・ガニエール(三ツ星レストラン)
ステラ・マリス(現在 一ツ星)などで修行し、
ラ・トリュフィエール(ゴーミョー18点)などでスー・シェフを務める。   
  
フランスの伝統的な料理を忠実に再現し、
しっかりと骨格のある料理を作ります。

料理業界もこの年代がぐいぐい出てきましたね。
同年代で頑張っている職人を見るとついつい応援したくなります。

清潔感のあるシンプルで綺麗内装は居心地もよし。

写真は前回うかがったときの料理です。

スペシャリテは「ロニョン」(腎臓)とのことです。

http://r.gnavi.co.jp/b829300/

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿2-6-29 アコルタTS1F
03-3446-9747
月曜日
posted by ちゅん at 14:13| Comment(0) | TrackBack(1) | ■レストラン・Bar

2008年06月12日

■ AU GAMAIN DE TOKIO

20080610203201.jpg
これまで、AUX BACCHANALES やLA BISBOCCIAなど
数々の名店に携わり、白金モレスクなど、
センスの光る名店を作り出してきた、福島氏。

この度白金に新店「AU GAMAIN DE TOKIO」を出店した。

キッチンを取り囲む、大きなカウンターはライブ感と
会話を生み出す。

センスのよさが空気から伝わってくるのは客質のよさも
後押しするのだろうか?

とにかく洗練された、大人の遊び人のためのお店。

優しい味わいのフレンチを堪能しつつ、ワインを傾ける。
カルトで好きな物を好きなだけ堪能し、
気軽にいつでも顔を出せる、とにかく使い勝手の良い
使い手の心をくすぐってくれるお店だ。

スタッフの気さくなもたまらず、「また来たくなる」一店だ。
posted by ちゅん at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ■レストラン・Bar

2008年05月28日

■SHIN 恵比寿 熊本料理

恵比寿では有名なイタリア料理店「フレーゴリ」のオーナー
村上氏の新たな試み。

フレーゴリでも氏の地元熊本の食材を使った料理を供しておりましたが、
今回は、ずっぽりストレートの和。
そう、熊本料理で勝負です。

氏は熊本出身。バリバリの九州人にして、飲食業界体育会系
酒好き、人好きです。

少々体育会食が強すぎるので、何処に言っても若手に
「愛の鞭」を振るっております。

熊本と言えばやはり「馬」

816630353_26s.jpg
フレーゴリでもおなじみの馬刺し(カルパッチョ)
写真は、ハツ、フタエゴ、ヒレ、タン、タテガミ。

このレベルの馬刺しはなかなか東京では食えません。

25000円/kgと言われる、高級馬肉を使った馬カルビなるメニューも
食してみましたが、トロッとした食感は、まるでマグロのトロ。

美味いです。

816630353_220.jpg
他にも「馬」を使った馬肉バーガーなどの変り種も
高いクオリティーを守っております。

飲み物は、麦酒、焼酎、梅酒。
焼酎は氏のお気に入りの「白岳」がハウス焼酎とでも言うのだろうか、
グラスになみなみと注がれます。
「これじゃぁ 何杯もお代わりできないだろうw」といった量だ。

氏曰く「熊本県民はこれくらいじゃないと納得しないっすよ!」

とにかく気持が伝わってくる。

男気ある氏を心から応援してゆきたいと思います。

恵比寿駅から少々歩く、大人の居酒屋とでも言いましょうか。
カウンター と小上がり合わせて30席程度。

皆様も是非訪れてみてください。

■東京都渋谷区恵比寿南1-16-5 タチムラビルディングサウスB1F
■03-6663-8731 
■18:00〜24:00 日曜休
posted by ちゅん at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ■レストラン・Bar

2008年05月24日

■Brasserie Manoir (広尾 フレンチ)

当店美味しい物会でも登場。
またまた、当店Panaceeから程近い、当店の前後で使える
非常に美味しいお店です。

そして、私の定休日の際の憩いのレストランとして
お世話になっている広尾と、恵比寿の中間、明治通り沿いに
奥まって佇む、「Brasserie Manoir 」

カウンターあり、テーブル席もあり。
そして、割と遅い時間まで営業していると言う、
一人でも良し!カップルでも良し。
そして「美味い!」お奨めの一店です。

私の一押しメニューは

P1010761.JPG・Plateaux de Fruits de Mer
北海道産 海の幸の盛り合わせフリュイ・ド・メール
 生カキ・カニ・牡丹海老・シマエビ・ツブ貝等


北海道にもお店を出店しているからこそできる、
素晴らしい海の幸のクオリティー。

そして、なんといっても「肉料理」
ジビエの時期は、北海道のジビエを余すことなく堪能でき、
平素でも、素晴らしいめくるめく肉の世界を楽しませてくれる。
※以下は肉料理写真
P1010769.JPGP1010772.JPG
P1000462.JPGP1030095.JPG
P1030097.JPG

皆様も是非 ご堪能ください。

住所:東京都渋谷区 広尾 1-10-6 プロスペクト グラーサ 広尾 1F
TEL:03-3446-8288
営業時間:5:00pm〜2:00am 月曜日定休
posted by ちゅん at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ■レストラン・Bar

2008年05月06日

■ 鮨 桂 恵比寿

またまた恵比寿で私一押しのお店。

P1030666.JPG鮨「桂」

私の思う恵比寿でもっとも美味いすし屋と言えよう。

たまに美味い鮨が食いたくなったときに、ふらっと一人で
立ち寄る一店である。

何よりもネタの良さ。

そして、酢や昆布で〆た白身や青魚のネタや、煮蛤や、煮ダコなど
仕事の施された物の素晴らしさは秀逸。

供されると、ぐっと沈み込むシャリの握り具合も
口に入れてほろっとほぐれ美味いのだ。

先日訪れた際は、お酒を止められていたのもあり、
握りだけを一時間で食いまくった。

「例※順不同」
鰈★★・鯛★・コハダ★★・雲丹・青柳★★・ 烏賊・さより・鳥貝
煮ダコ★・煮蛤★★★・ミル貝・マグロ(トロ)・穴子・蝦蛄

「お代わり」
子柱・たこ・ハマグリ・カンピョウ

当店からも歩いて10分と言ったところ。
人気店で当日はなかなか予約もづらく、オマケに
お店もこじんまりとしていて閉店時間も早いのだが、
恵比寿では間違いなくお奨めの一店。

おっとりとしたご夫婦が切り盛りされているて
休みも多いので、必ず電話で確認を・・・・。

カウンター8席と、個室が1部屋。

美味いです。

東京都渋谷区恵比寿2-28-7 秀マンション1A
TEL:03-5448-1134

posted by ちゅん at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ■レストラン・Bar

2008年05月01日

■ Ristorante Massa 恵比寿 イタリアン

恵比寿で美味しいパスタを食べたいときに良く
お世話になっているお店だ。

フジTV「料理の鉄人」イタリアンの鉄人として出演していた
事でも知られている。神戸シェフのお店。

昨今 恵比寿はイタリアン激戦区。
そんな中、2000年より恵比寿で多くのお客様を魅了し続けているのだ。

なんといっても秀逸なのはパスタ。

私は行くたびに、コース中パスタを三種類は組み込んでもらう。

つい最近行った時は「いい子羊が入りました」とのお誘いを頂、
言ってまいりました。

とにかく全体的に、味付けがナチュラルで非常に食べやすい。
老若男女問わず楽しめる内容となっている。

値段もコース内容を考えれば十分にリーズナブルであろう。


前回のメニューを写真だけアップしておくのでご参考に。

ご予約の際は一声おかけいただければ幸いです。

【 神戸 勝彦 こうべ まさひこ 】
季節の食材を最大限に生かすよう、自由自在に調理。
化学的なものは一切使わず、お腹にもたれない常に身体にやさしい
イタリアンを目指す。
西麻布「アルポルト」フィレンツェ「エノテカ・ピンキオーリ」
などで修行後、荻窪「ドラマティコ」でシェフを務める。
2000年恵比寿「リストランテ・マッサ」をオープンする。

P1030645.JPGP1030647.JPGP1030649.JPG.P1030651.JPGP1030652.JPGP1030653.JPG

住所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-23-22

TEL: 03-5793-3175
営業時間:11: 30〜 13: 30 ((L0)〜15:00閉店)
     18: 00〜 21: 30 ((LO)〜23:00閉店)
定休日:水曜・第一火曜・年末年始
posted by ちゅん at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ■レストラン・Bar

2008年04月23日

■ Canori 恵比寿 イタリアン

Canori 店.jpg当店の近所で、美味いものが食いたい時にお奨めの
お店をもう一店。

こちらは「ガツン」と美味いイタリアンが食いたい時にお奨めしたいお店。

前菜も美味いのですが、自家製の手打ちパスタは秀逸。
濃厚な煮込み系のソースは絶品。
しっかりとした味わいはまさに「男のイタリアン」
とでも言いましょうか。

Canori 白金豚.jpgメインの炭火焼も、火加減、焼加減共に抜群で、
口に入れた時に、溢れ出る肉汁にもう感激するばかり。
これはワインを飲まずに入られませんな。

G.W中も定休日以外は営業しているらしいので是非お試しを!

シェフの間氏は23歳でイタリアに渡り
1年半エミリア・ロマーニャ州のレストランに勤務。
帰国後、外苑前ラ・グロッタ、四谷三丁目ラ・ヴィータを経て2005年10月、恵比寿にカ・ノーリをオープン。

当店にいらっしゃる前後の、腹ごしらえに是非ご利用ください。

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1−33−8
MHビル 1F
TEL 03-3443-3780
18: 00〜 24: 00 (ラストオーダー)
定休日 日曜日

JR線 恵比寿駅 より8分
地下鉄日比谷線 恵比寿駅 より10分
posted by ちゅん at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ■レストラン・Bar

2008年04月16日

◎恵比寿 le Lion

LION.jpg最近よくお世話になっている、当店近くのカフェ
自宅にも近いことで重宝しているお店だ。

昼からの通し営業の上に、葉巻やペットもOK決定

昼は簡単なランチがメインになっているが、
夜はビストロ的な、しっかりフレンチも堪能できる。

芯のあるこだわりもあり、且つカフェとしての懐の深さも
持ち合わせた良いお店。

私は奥のカウンターでエスプレッソを立ち飲みしながら
シガリロを楽しむ。

エスプレッソもなかなかのお味だ。

一人でものんびり出来、食事も取れるので当店ご来店前の
お一人様のお食事にも使えるのでは???

■住所:東京都渋谷区恵比寿1-21-16 シェ ソワ恵比寿1F
 JR恵比寿駅東口を出て徒歩5分ほど。みずほ銀行の脇、
 広尾よりの道を道なりに進んだ左側。
■Tel:03-3445-8131
■定休日:無休
■営業時間:11時30分〜22時30分LO
(平日ランチ〜14時LO、土曜ランチ15時LO、ドリンク23時30分LO)、
日曜12時〜19時30分LO(ランチ〜17時30分LO)
posted by ちゅん at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ■レストラン・Bar